•  
貴方の現在の位置:トップページ >> ニュースセンター >> 社内ニュース >> リノパワー単結晶モジュールは「先駆者」認証テストにパス、一級出力レベルの認定となる

文字サイズ:   

リノパワー単結晶モジュールは「先駆者」認証テストにパス、一級出力レベルの認定となる

閲覧回数: 日付:2016-08-13

  最近、リノパワーグループは国家ソーラーエネルギー発電製品品質監督検証センターに60セルと72セルの単結晶モジュールで、CQC「先駆者」認証検査を行い、出力レベルはCNCA/CTS0009:2014『ソーラー発電モジュール変換効率テストと評定方法』一級出力レベルの認定を受けています。
  2015年6月25日に、山西省大同市石炭採掘沈下地域国家先進技術ソーラー発電示範基地は、エネルギー局「ソーラー先駆者」計画で初めて批准されるプロジェクトになり、2016年6月30日まで、大同「先駆者」プロジェクトの第一段階1GW工程の全てが系統連系されました。今年、国家発展改革委員会は、更に5.5GWの「先駆者」プロジェクトを発表し、これらは拡大傾向にあり、今後ますます大きくなる市場が見込まれます。
  「先駆者」をどの様に定義するか?2015年1月8日、発展改革委員会をはじめとする8部門が公布した『エネルギー効率先駆者制度実施方案』により、いわゆる「エネルギー効率先駆者」とは、エネルギー利用効率の最も高い製品・企業或いは部門のことを示します。発展改革委員会は、関連する部門と共同で奨励政策を作成し、「先駆者」製品の技術研究開発とその普及を提唱します。それに対し、「ソーラー発電先駆者」とは、それと並行して一つの先進的ソーラー発電技術製品の応用と産業モデルチェンジを促進し、ソーラー発電製品と工程品質管理を強化する特定の施策を指します。
  2015年,「先駆者」先進技術製品は、以下の指標をベンチマークします。
  (1)多結晶シリコン電池モジュールと単結晶シリコン電池モジュールのソーラー発電変換効率は、それぞれに16.5%と17%以上。
  (2)高倍率集光ソーラーモジュール変換効率は30%以上。
  (3)シリコン基、CIGS、テルル化カドミウム及びその他の薄膜電池モジュールのソーラー発電変換効率は、それぞれ12%、13%、13%と12%以上。

所属する類別: 社内ニュース

この情報のキーワード: