リノパワーについて
貴方の現在の位置:トップページ >> リノグループ

リノグループ

  リノグループは1994年9月に創立して、従業員が8000人、全資本金は1700億円超。太陽光に関連する経済産業や、健康産業、化学産業の三大産業で、リノリッター・リノパワー・リノソーラー・リノ新康・リノガラス・宏済堂などの子会社が含まれている。
  リノグループは技術を重視し、新しいものを創造することに注力し、科学の発展に寄与していきます。現在は、国家の20もの重要なプロジェクトを担当しております。太陽光業界においては、国家科学技術二等賞の受賞・国家企業技術センター・国家住宅産業化基地・国家特色産業基地を持っていることは、唯一無二となっています。
  リノグループが関連している産業分野では、業界No1を達成している技術や製品が数多くあり、CPC中温太陽熱産業用ボイラーシステム、中温集熱管、チタンコーティング真空二重ガラス集熱管、タンク一体型太陽熱温水器などが市場を席巻している。塗料においては中国トップレベルの自動車用塗料を製造し、特殊ガラスでは中性硼珪ガラスなどのトップクラスの技術を持っている。製薬では特許を持っている麝香酮などの国家級の新薬を製造している。
  リノグループは技術研究開発を重視し、太陽能研究院、塗料研究センター、ガラス研究院、漢方薬研究院などの13箇所の研究開発部分は、新技術、発明をし続けております。リノグループの技術や製品は国際的優位な立場で2013年末までに、特許を450保有、「リノリター」「双虎」「宏済堂」「リノ」という4つの中国有名商標と、20の山東省有名商標を所持し、技術、知識集中型の企業として成長しています。
  リノグループは、ファーストクラスの国際開発ビジョン、技術革新によるイノベーション精神と顧客第一主義の精神で、省エネと環境保護の理念のもとウィンウィンビジネスに取り組んで、世界の上位500企業には20社と戦略パトナーになっている。、世界中に広がる取引先やお客様に対しても、アメリカの二ューヨーク、ドイツのフランクフルト、南アフリカのヨハネスブルグなどで海外支店を開設し、グローバライズとローカライズを進めております。
  リノグループには中国のトップが何度も視察に訪れ、産業・科学への貢献を確認、賞賛している。これは「企業の社会的責任」に対してのものであり、「感謝の気持ちを常に持って」という理念への労いでもある。ビジネス上の目的だけではなく、「全社員と家族の幸せ、人間と社会の発展に貢献し、社員の成長、慈善事業活動の推奨」という経営目的を体現してきた成果です。